まず何をすべきなのか

日記
12 /23 2014
昨日のクライアントとのセッションを通してやはり評価の大切さが分かった気がします。
腰痛を長年患ってハリや、カイロ、マッサージ、ヨガなど、あらゆることをしてきた方。
右の腰が張っている、重心が偏っている、もろもろ言われアプローチされるも、効果は持続せずすぐ戻ってしまう、、、。

予防運動療法の視点で、プライマリーを探すと、小学生の時の運動が原因による側弯であることが分かった。

歩行分析、姿勢分析を共有し本人も納得。
上半身の右回旋を、下半身を左に回旋してバランスを取っていることが、ご本人が自覚。

評価の段階なので、積極的なアプローチで介入はせず、原因追求のみに徹した。
自主トレーニングの指導は、ヨガをされているので、ヨガのポーズ。
脊柱の回旋、下半身の回旋修正と、日常での歩行修正。

プライマリーサーチの段階なので、積極的な徒手療法や、運動療法はしていないが、ご本人は腰が楽に。
体の感覚が違うと実感。

次回は3〜6ヶ月後。

何回も通う対症療法ではなく、改善の道を指し示す灯でありたい。
これが僕がやりがいを感じる時。
この方の人生に関われた。
今まで苦しかっただろうに。
原因が分からず、ただひたすら施術にすがっていた今まで。

施術、治療は必要。
でもその前に、評価がなくては。
評価は、現状把握ではなく、原因追求。
僕はそんなに治療は上手いというわけでもない。
人並み。
でも、原因を探す根気と、物事の真理を見る目は強いと思っている。

予防運動療法では、対症療法ではなく、「原因追求」からの「自らの気付き」と行動変容を起こします。
この概念をもっと広めなくては。
もっと、苦しんでいる方々を救わなくては。

幼少期の偏りは本当に問題。
特に、関節のゆるい方は関節がずれる(偏位する)。
予防は、子供から、、、。
本当に大事なことには中々日が当たらない。
スポンサーサイト

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。