スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪勉強会とバラ園

日記
05 /17 2010
いつもお世話になっている大阪のピラティススタジオ「アドバンスドボディ」さんで1日のWSを開催しました。
今日のテーマは下肢という事で、アライメントなどの観察からピラティスのエクササイズの選択まで怒濤のごとく進んでいきました。
皆さん必死だったと思いますが、実技が多かった分後から、スルメのようにじわっと味わえるんではないでしょうか。

さて、アドバンスドボディさんのスタジオの直ぐ側にバラ園があり、今日は満開でした。

お昼休み短い時間でしたが、バラの香りを嗅いでとっても贅沢な時間を味わえました。
香りを嗅ぐ時には、まるで赤ワインの香りを確かめる時のように、指で茎を挟み、目を閉じて深く鼻から香りを吸い込みます。
本当に花によって香りが全然違います。
バラは色彩、形状、そして香りを楽しむものだそうです。

是非近くのバラ園に足を運んでみて下さい。
この時期だけの贅沢ですね。

また、再来月辺り、大阪で開催予定ですので、バランスドボディのHPをチェックしてみて下さい。
また、WS内容についてのご要望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。
もっとエクササイズでプルプルしたいとか(笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 歩行分析の資料について

竹山様

遅くなってすいません。
お勧めの本ですね、
実は自分自体は本では無く、直接先輩や、研修で磨いてきたので実感を持ってお勧めするものはありませんが、よく後輩などが読んでいるものはありますので、以下に紹介します。
「観察による歩行分析」です。
<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=nanaoto02-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4260244426" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>
江原先生というのが、物理や工学系の先生で、山本先生とともに、理学療法の分野ではお二方とも理学療法士ではないですが有名です。
大学は医療系で教えていらっしゃいます。
関連した本はお勧めだと思います。

学生に教えている方達ですので、分かり易く書かれていると思います。
先ずは、実際に本屋で見てから決定する事をお勧めします。
専門家の本である事は否めないので、ご自身の理解できる範囲かどうかを確かめてからの購入の方が良いかと思います。
実際によく見られす跛行などは、他の本でも概略はありますので、無理に歩行分析に特化した本でなくてもいいかと思います。
後は、実際に目を慣らす事の方が重要だったりしますからね。

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。