健闘でした

日記
07 /01 2010
完全に互角でした。
パラグアイにここまで健闘できる訳ですから、本当に日本の実力が上がってきた証明だと思います。

選手の涙に貰い涙でした。
甲子園球児のように、本気で戦った後の涙。
どの選手も苦労し、努力し、精一杯頑張ったからこその涙。
最近はどうも、親の立場にもなって泣いてしまうので、かなり涙もろいです。

日本を盛り上げてくれた彼らに、心から感謝です。

WBC、オリンピック、そしてワールドカップ。
数年前までは、参加自体が夢だったのに、ここまで来れた。
様々な人の礎があったからこその結果です。
今回解説者として、スーツ着てTVに出ている往年の代表の姿を見ると、時代の流れを感じますね。

世界経済の大恐慌、地球温暖化、、、。
未来のイメージに沢山の不安がある中、子供達に夢を与えてくれた気がします。
楽しむスポーツから、世界を一つにするスポーツに。
そして、夢を与えるスポーツに。

選手と手をつないで入場してくる子供達の、緊張と興奮とでギラギラした目が印象的でした。
どの国であろうと、晴れ舞台に立てる幸せ。
一生懸命走る姿、チームの友情を目の前で見れる。
TVで見ていても伝わってきました。
今までそこまで、スポーツに興味のなかった自分ですが、完全に今回虜になりました。
PTとして、ボディーワークとして、何か力になれるようになりたいですね。

今回の大会では、あまり目立ちませんでしたが、アルビレックスの矢野選手はなんとヨガのスタジオオーナーだったのです。
今日知りました。
それも地元の新潟!
ヨガとサッカー、メンタル強くなりそうですねぇ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc