スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメディカルスタッフのためのヨガ基本編

講習会
10 /03 2010
合同会社geneさんの主催で「コメディカルスタッフのためのヨガ基本編」を開催します。
日時は1月30日(日)

会場は名古屋ですので、関西の方の方が来易いかもしれませんね。

ピラティスはエクササイズとしてコメディカルに取り入れ易いのに比べて、ヨガは修行的な意味合いが強くなかなか近づき辛いところもあるかもしれません。
しかし、様々なのエクササイズの原点みたいなところもあって、流石何千年の歴史の中で構築された方法だと思わされます。

心も含めた身体の調整という面では、ヨガの右に出る方法は無いでしょう。

最近まれに見るストレス社会。
これは、社会構造の変化によって、人間関係や家族構造が希薄化している事も要因としては大きいですが、何よりも自分の心の調整方法を忘れてしまっている事も大きいと思われます。
緊張すれば深呼吸するように、身体が窮屈でああれば伸びをします。
これは、心も身体も繋がっている事を示しています。
身体に取っては一緒なのです。

ヨガでは、身体や呼吸を制御する事で心を制御しようとします。
ヨガとは心身の制御術と言っても過言ではないでしょう。

今の細分化して行く西洋医療の問題点をちょうど埋めるはたらきがあります。
コメディカルの概念も補足します。
当たり前の事に気付かされます。

今後、ターミナルケア、疼痛コントロール、心臓リハ、癌リハ、自律神経系などなどヨガの医療への応用はどんどん進んで行くと思われます。
既に欧米では、そう認知され始めています。

今回の講習会では、そのような効果の体験と、今後の予測、海外での事例などを紹介する予定です。
私の後輩も数名、ヨガの資格を取り始めています。
癌と心リハに関しては、病院への応用の話しも出て来ています。

興味のある方がいたら、ご紹介下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。

関西のPTです。
私もヨガをやっててヨガの医療への応用にすごく興味があり、
去年は院内で行った生活習慣病患者のための公開講座で体操としてヨガを指導してみて大変好評でした。
この講習会是非とも聞きに行こうと思ってます!

No title

まりっぺさん
お待ちしております。
どんどん事例を出して、広めていきましょう!

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。