スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高次脳機能とヨガ

日記
12 /07 2010
これはきっといいですよ。
「高次脳機能を育てる」橋本圭司先生著。
慈恵医大病院時代に何度かお会いしている先生です。
熱い先生で(眉毛も!)、信念を感じていました。
その先生の一般向けの本を読んでビビビット来ました、これはヨガだと。
アクティブレストという考えは結構一般的ですね。
この感覚、実はヨガのイントラを取りに仕事帰りに1時間以上かけて都心に行っていた時感じていました。
つまり、都心へ行く電車は疲れでうとうとですが、ヨガをやった後の帰りの電車は目がぱっちりなんですね。
疲れた所に更に運動しているのに、元気になる。
これは変だなと思っていたのが、これがアクティブレストだったんですね。

そしてこのアクティブレストが高次脳機能にばっちりなんですね。
集中力、注意力、記憶力がアップするわけです。
覚醒する。

ヨガの認知症へのアプローチや、子ども集中力への効果は何個か研究を聞いたことがありますが、高次機能障害に対する効果は聞いたことがありません。
これは研究する価値ありですね。
そしてきっと効果でますね。
どなたかやりませんか?
再来年のヨーガ療法学会目指して計画立てたいですね。

橋本先生と是非共同で行いたいですね。

文庫本のように気軽に読める本ですので、お勧めします。
数時間で読めます。
どんどん繋がっていく感じがします!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぜひ☆

今途中まで、「…わかる本」に続いて、こちらも素晴らしく面白く読ませていただいてます。とても勇気が出ます♪

高次脳機能障害には個人差もかなりあるとは思いますが、きっと私にできることあると思います。ぜひ研究する機会に参加させていただければ嬉しいです! ありがとうございます☆

病院で言語聴覚士をしているものです。私も橋本先生の本が大好きで、講演会も何度か参加しています。

橋本先生も高次脳機能障害には、運動療法が有効ではないかと言われてました。

特に易怒性による感情のコントロール障害や、注意障害に対してヨガが効果があるのかもしれません。

私自身も言語聴覚士という仕事の枠だけでのリハビリテーションでは、高次脳機能障害のリハビリテーションは困難なのではないかと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。