地震について

日記
03 /13 2011
今回の地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します。
また、被災された方々のこれからの復興に対し出来るかぎりの協力をしたいと思います。
私の実家は新潟です、妻の実家は岩手です。
ですから中越地震の時、そして今回も人ごとではありません。
東京も揺れましたが、特に生活に支障はありません。
帰宅困難者が大勢でましたが、それも1日ですし野宿だと思えばたいしたことありません。

本当に辛いのは、家族を亡くした方、目の前で津波に流された方を助けられずに生き残った方々です。
不便さというのは、昔を思えば、また恵まれない国々を考えればたいしたことはないです。
これからの復興に対して、心の傷、生きる目標・意味、実存の消失、そういった所が一番の問題になると思います。

これは、被災していない我々には想像のできないことです。
本当の意味での共感も出来ません。
分かることのできない領域です。
ですから、気軽に笑顔を届けるとか、頑張れとか、イベントで盛り上げる行為にはとても疑問を持ちます。
自分たちで、何か出来ると思い上がっている感じがします。
自己満足の為にイベントにしているように見えます。
もちろん、本意はそこにはなく善意なのでしょうが、違和感を感じます。

今は、ただ節電、募金を行い、粛々と大切な日々を送ることだと思います。
大切な家族の時間、大切な仕事を大切に過ごすことだと思います。

時期が来て、ボランティアセンターなど体制が整ったら、ボランティアのエネルギーを注ぎましょう。
本当に必要なことを現地の方から聞いて動くべきです。
自分たちがするのではなく、現地の方々と一緒になってするべきです。
現地の方々の復興なのです。
外から同情で偽善行為をすることは逆に邪魔になりかねません。
安否確認も、家族の為の物です、友人がどうなのかなどは、年賀状も出していなければしないがいいです。
自分が安心したいのが本音ならやめるべきです。
待つこと、自分たちに出来ることを出来る範囲ですることです。
イベントにして余計なエネルギーの消費は逆効果だと思います。
このブログも、当分控えます。

節電は、明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。
普通の生活をするということです。
電気に頼った便利な生活から、普通の生活にするだけです。
2~3ヶ月もしたら、今の国力ならばある程度の復興は出来ます。
問題は、心や本来の生活の復興です。

長期戦です。
ですから、本当に被災者の役に立ちたいならば、長期戦で対応しましょう。
一時のイベントでは駄目です。
私も来月ボランティアに行ってきます。
必要あれば毎月行きます。
私の大切な家族がいます。

理学療法士として、ヨガのイントラとして、ピラティスのイントラとして、ケアマネとして、男の若者として何が出来るか分かりませんが、現地の声を聞いて働きたいと思います。

皆さんも冷静に、本当に何が役に立てるのか考えて行動していきましょう。
復興への道のりは長いです。
大きな力も、一人一人の小さな活動からです。
本当に必要な物は、人の関わりです。
私達の満足の為にしてはいけません。

同時に、自分たちの災害対策を見直し、大切な家族との時間を大切にして過ごしましょう。
それがとても大切な尊い教訓です。

思いを一方的に書いてしまったので、誤解を受ける所もあるかも知れませんが、一つの現時点の意見として流して下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc