スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の身体

日記
08 /26 2011
生活習慣が自身の身体を変えているという話は、以前にもしたと思います。
自分の身体を修正したいとなると、その生活習慣に気付いて、習慣そのものを修正する必要があります。
その修正は、私達インストラクターには出来ません。


ご自身でするしかないのです。

私は「治す」とはいいません。
何故なら、治すは、受け取り側としては「治してもらう」になるからです。
これは、医療の現場でよくあることです。
手術など、自分では出来ないことをしてもらう場合には適しています。

しかし、習慣を治すのは、インストラクターではありませんから、
「一緒に治していきましょう」が正しいと思っています。
私達が出来るのは、方向性を提示して、身体の変化を一緒に確認し、そして修正への道を共に歩くことです。

お客様自体が、歩むことを放棄していては、どうにも前に進むことは出来ません。
ご自身の問題を他人に任せても、前には進まないからです。

努力をされて、どんどん身体が変化して、始めてお会いしたときが信じられないようになる方がいます。
ご自身の身体への責任を自分で自覚し、修正していかれる方です。
その姿をとても、敬服しますし、私自身にも当てはめて、気が引き締まります。

理学療法の世界でも、我々は「治療者」ではなく、「教育者」であるべきだとよく言われます。
導くのであって、かってにクライアントの手を引っ張って連れて行くのではないということです。
我々にも、その基本を忘れないことも重要ですが、と同時に、クライアント自身も、自分のことだということを忘れずに、進んでいって欲しいと思います。
自分の身体は、誰のせいでもなく、自分自身の中から起こったものであり、かつ自分の中から変えていけるものなのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。