スモウメソッド

日記
09 /10 2011
立教大学相撲部コーチをお招きしての、相撲WS。
とっても楽しかった!
そして、やはり国技の身体技法の素晴らしさを体験できました。

先ずは、腰割り!
これは、スクゥエアスクワットと海外では言われているらしいですが、とても内側広筋に来ます。
太極拳でも感じていたけど、背筋を伸ばしたスクワットは、いいですね、効きます。

そして、四股!
もう眼から鱗だらけ。
完全なスロートレーニング。
ストレッチの効果もあるし、バランス、そして言ってみれば片脚でのスクワット。
下半身がやる毎にどっしりしていくのが分かりました。

最後はてっぽう!
同側の、上肢下肢を前に出して、壁にぶつかることで体重を預けていく。
上肢帯が完全に安定します。
リズム、繰り返される身体への刺激。

すり足も相撲ならではの、体幹の使い方と、下肢の分離運動。

今日は、立ち合いや、押し合いなどはありませんでしたが、相撲が取りたくなりました。
これから相撲を見る目も変わると思います。
身体技法を見ると思います。

サッカーのリフティングのように、相撲もより一般に楽しめるようになるといいなぁと。
もっと日本の素晴らしさを日本人が気付いて実践する、そんな未来ってかっこいいなぁと思います。
グローバルな時代だからこそ。

さぁ明日も四股踏むぞぉ!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc