ヨガや健康ブームの原理主義的危険性

日記
02 /16 2012
先ずは僕は原則的に日本人である事を宣言します。
そして背景として医療者である事も宣言します。
その前提で、ヨガの世界に身を置いていることから感じる事を少しお話ししたいと思います。
ヨガはお肉駄目、お酒駄目、マック駄目、ポテチ駄目、タバコ駄目、、、。
化学繊維なんて駄目だよね、東電最悪じゃん、瓦礫危ないじゃん、、。

やっぱオーガニックでしょ、ベジじゃなきゃね、日本なんてださい、、、。

いい事をしようとして、とても排他的に、そして感情的になっている人が多いと感じます。
僕は日本人ですから、多様性を理解しているつもりです。
「捨てる神あれば拾う神有」
「八百万の神」
僕の好きな話で、明治神宮に参拝に行ったアメリカ人が、
「私はクリスチャンだからお参りはできない、怒られちゃう。」といったら
ガイドさんが、
「日本の神は八百万だから、ここの神が怒っても他の神が許してくれるよ気にしないで。」と言ったそうです。
ここが一神教との違いです。

聖戦という名で人殺しをする一神教と、他の神を認めないと石像などを破壊する一神教との違いです。
日本には山があり、海があり、平地があります。
それぞれの世界観と、そこの自然と共存していくためのそれぞれの掟があります。

神道と仏教と他の宗教が共存しているのも日本の特長です。
日本国内での宗教戦争は、明治以降は聞いた事がありません。
明治政府の政策の問題点は多いですが、、、、。

ただ、日本人の多くが、大江健三郎さんのいうファジーな日本人である事はいい意味でも悪い意味でも特長です。
山の掟は、海には通用しません。
逆も然りです。
龍神様や山上様はその土地に依存している神です。
つまり、実存としての存在感があります。

空想の世界ではなく、その場にある存在感です。
ここが、聖書や、経典から作られる神とは大きく異なります。
自然の対象物に宿っている神だからです。

話を戻します。
一神教は、信仰ですから、いいことと駄目な事を決めます。
しかし、「人間万事塞翁が馬」ですから、いいことと悪い事は決められるものなのでしょうか。
私は浄土真宗の家です。
つまり親鸞の「絶対他力」の教えです。
私はジャッジをすることの難しさを理解しているつもりです。

健康ブーム、ヨガの精神性の深さなど尊敬する所は多く、かつその業界で生きている事も事実です。
しかし、私の考え方は医療者です。
つまり、障害を持っても幸せであって欲しいと仕事をしてきました。
この障害とは、ノーマライゼーションの理念です。
違いがあっていいというものです。
脚があってもなくてもいい、麻痺があっても無くてもいい。
ジャッジしないということです。
人の幸せは、それぞれであって他人が決める事ではないということです。

ヨガの思想にはまっている人に、結構否定的で、断定的な方が多い印象を受けます。
健康ブームもそうです。
あれは良くてこれは駄目、、、。
もちろん科学的な見解を背景に意見を述べる事に何の違和感もありませんが、感情的に言っている事に気付かない人が多いように感じます。
自分の理想に近いか遠いかで人を判断している人が多いような気がするのです。
勝手にいっているのならまだいいのですが、批評して批判する人もいます。
まぁほおっておけばいいのですが、残念でならないのです。
同時に少し恐ろしさも感じます。
自分の信じている物が全て正しく、この道を進むのが本当の道なのだ的な、、、。

別に幸せは、ヨガだけで訪れるものではありません。
家族や、バカ息子が幸せをくれたりします。
タバコをぷかぷか吸ってた黒澤明の映画が世界を感動させてくれたりします。
人生をかけたワインの味が思い出の料理の味を引き立てたりしてくれます。

物事には、様々な側面があり、人にも様々な人生があります。
私は、この多様性を認める事もヨガであると思っています。
また、日本人として、医療者としての自分の生き方に誇りを持っています。

ここでも私の私見を正しいと声高々にいうつもりもありませんし、そう多くの人がみてくれるとも思っていません。
でも、この一神教的、原理主義的な風潮をこのヨガ界では感じるので、意見として、残したいと持ったのです。
何かを考える参考になればと思います。
乱筆失礼しました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

尚人先生、こんにちは。
大阪AKICでお世話になりました
マサエです。
私もその様な事を
抱く一人です。
現実化ではなくて
そう選択したから
そう感じるだけなのかな。と。
グルを持ち、確かに尊敬しますが
全てを其方に繋げる事は
拒否ではなく、普通に
しません。
そう繋げる方も沢山
それもそれでいい。

Re: タイトルなし

そうですね、「それはそれでいい」僕もそう思います。
個人の問題だけですんでいる場合はそう思います。

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc