電力需給じゃなくてどういう未来を描くか

日記
03 /20 2012
原発の廃止は勿論当たり前なんだけど、未だに電力不足がとか言ってる。
あのぉ、経済第一主義で来て自殺者がこんなにいるのにまだ気付かないのか、、、。
震災で原子力ムラの存在が明るみになって、今だまされていた国民が変わってきた。
でも、もっと根本の幸せを履き違えてきたことには気付いていない。


幸せは経済じゃないでしょ。
子どもを育てているととてもよく分かる。
人間に必要なもの。

新鮮な食べ物!
きれいな空気!
美しい芸術!
健全なコミュニティ!
泳げる川!
食べれる山菜!
里山!

子どもは自然そのものなんだよね。
感情豊かで、固定概念がなくて、生きてることが幸せ。

国が一番守るべきものは、自然!
それが子どもそのものを育むんだ。

経済が、、、。
何言ってんの?
自然を潰して、ゲームセンター造って電気消費して、電気が足りない?
夜遅くまでやってるお店は、子どもじゃない、暇な大人が行ってるんだよね?
コンビニがどんだけ必要なの?

自分の首を絞めて、それでもお金が必要、、、。
気違いにしか見えない。
大人になるってのは、日本では気違いになっていくことなのか。

電力がどうこうじゃない。
どういう未来を描くか。
どういう未来を子どもに残していくのか。
その視点がないと、ただ欲望に盲目的に踊らされる破滅が待ってるだけ。
原発でそこに気付かないと。

経済界も政界も、狂ってるから、小さなコミュニティがそれぞれの理想郷を造っていくしかないと思う。
そこに、人が集まっていく。
そこに、笑顔が集まっていく。
そんな風に、各地で立ち上がって欲しいな。

こうなると、自然が豊富な田舎が一番強い!
何よりの財産は自然なんだよね。
だって、僕たちが自然だから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc