そこそろ帰国

日記
06 /16 2012
そろそろ帰国します。
OZはゆったりとしていて人も少ないしのんびりできました。
こっちではヨガとピラティスのクラスを受けまくってました。
ヨガはYoga Synergy、ピラティスはPower Nouse
どちらもPTが居る所です。
自分のこれからの方向性を確認したかったのと、自分の尊敬できる人に教わりたかったから行ってきました。
実際に受けてみて、得るものは多かったですが、何よりも得た者は発想力です。
既に自分の中にあるものをいかにして形にして行くかがこれからの課題です。
新しい者を得ると同時に、自分の中でのひらめきや、繋がりがこういう研修や外での刺激では重要なんです。

よく講習会で、明日からでも使える技術が欲しいとか、教えて欲しいとかいう人がいますが、新人はいいですが経験者は次のステップに行かないと、そういう発想そのものが停滞の原因です。
一つでもヒントをもらえると思って参加して、自分の中でひらめかなければ自分のものにはならないんですね。

今回は長い滞在でしたので、帰国後も徐々に自分の中からまた化学反応が起こると思っています。
日本が今度は新しい刺激になりますからね。

さて、OZに滞在していた一般的な感想。
人が少ないのに広い。
国土は僕のいたNSWという州でさえ日本の2倍の国土。
国民総数は日本の6分の1。
公園では犬がまるで野生のように走りまくってますし、都心の限られた区間の電車は少し多いですが普段は余裕。
移民の国だから、人種は坩堝状態。
文化も言語もいり混ざり。
だから基本的に緩衝しないし、人目も気にしない。
いい意味で自由、気楽、悪い意味でいい加減、雑然。
食事も頂きますはもちろん無い。
出て来たら黙々と食べて、去って行く。

日本を思うと、食べ歩きは行儀が悪いと。
食べる前には頂きます。
食べ終わればごちそうさま。
人目を気にするし、きほんキレイ好き。

何でもいい面と悪い面があるけど、やはり自分は日本人だから日本が好き。
暗黙の了解や、お行儀と言うものも美の意識からすればとても統制が取れてる。
規律と言うか、統制が取れてる。

ただ、日本の政治は最悪。
政治で暗黙は困るだよね、、、。
こっちはテレビに首相が普通に出て国民と対話してる。
政治家のスキャンダルはよくニュースでやってるのは一緒だけど、、、。

Anyway、こっちではPTは日本の接骨院のような存在だから、そこら中にクリニックがあります。
みんな知ってるしね。
ヨガもピラティスもスタジオは多い。
よく街ではスパッツにマットを小脇に抱えてる人を良く見かけます。
僕みたいに大きなバックも持ってって人は少ないけど(^^)
スリは多いんですよ。
ホテルのラウンジでも!
実際に見かけて、隣に座ってた人が注意したら走って逃げてった。
普通の若者だったけど、、、。

帰国に向けてニュース見てたら原発の最稼動決定。
限定であることを祈るけど、日本は本当愚かだなと思ってしまう。
脱力する。
技術の叡智を総動員して、代替エネルギーを早急に作り上げるとか、節電の凄い智慧を導き出すとか。
何か歴史的なことを達成!では無く、安易に地震の前に戻しましょうか?見たいな、、、。
なかったことにしましょう見たいな。
変えたくない、保守の集まりが政治だし、多くの日本人、、、。
残念でならない。

でももちろん帰ります。
家族会議です。
どうやって国に頼らない生き方ができるか(^^)
皆で英会話通って移住が一番現実的かな、なんて、、、。
日本を立て直すのは自分たちの世代。
これからの世代。
今が最悪なら、帰るしか無い。
時代を帰られるのはいつも若者。
もう若者ではないかもしれないけど、そういうつもりで活動します。
PTとしてとか、ヨガのイントラとしてとかじゃなくて、日本人として、未来の子ども達の責任ある現代人として。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc