気付く亊の大切さ

日記
09 /28 2009
CIMG1213_convert_20090930234406.jpg

何時もUTLヨガスクールさんにはお世話になっています。
先日も、解剖学と運動学のコース(AKIC)を担当させて頂きました。

生徒さんは皆さん元気な方で、さすがヨガをなさっているだけの事はあるなと思います。

しかし、休憩時間になると、ご自身の身体の事について質問が殺到します。
健康になる為のヨガで何故だろう?
と思ってしまいます。

でもよく考えると、日常生活では問題の無い事ばかりです。
ヨガをする時に気になると言う感じです。

実はこれが、障害予防には一番というっていい程重要な事なのです。
日常の生活の中では、気付く事の出来ない、気付く機会のない身体の特徴をヨガでは嫌な程感じさせられます。
つまり、ありとあらゆるポーズの中で、身体をそれこそくまなく評価(検査)しているのです。

ここまで、身体を細部まで動かす運動は無いのではないでしょうか。

皆さんもヨガをして、どんどん気付いちゃいましょう!
そして、気になる所は優秀な理学療法士へ質問して下さいね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc