YFF1終了

日記
11 /30 2009
中々、痛かったですね。
帰りの電車の中も、ジンジンしてました。
やりすぎた感じです。
まぁ何でもコースというものは、やりすぎるくらいしないと分からないものなんですが。
痛みと、ここまで格闘する事になるとは思っても見ませんでしたね。

ただ、足部から全身に対する影響が本当に大きい事は再確認させられました。
入谷式足底板で衝撃を受け、分かっては今したが、足部への感覚入力はすごい反応を出しますね。
確かに、1㎜のテーピングで変わる訳です。

また、足底板の勉強をしなくてはいけないと思いました。
ただ、材料費と、10万円位の機械が必要というところが何ともキツく・・・。
買おうかどうしようか、悩み中です。
(YFFはその約倍でしたから買えたんですけどね・・・)
まずは、テーピングから復習してみます。

また、再確認したのは、ピラティスのインストラクターの所に、身体の不調な人がクライアントに本当に多いといこと。
これは、現医療制度の大きな問題点だと私は思います。
病院に行っても相手にされないという事です。
医療は、基本的に緊急性の有無で見てますから、緊急性のないものは経過観察なんですね。
本人は、経過観察でもう耐えられないから病院に来たのにです。
このギャップ、すごいですね。
手術の必要性がなくても、痛みは辛いし、仕事にも影響は出ます。
でも、先生は簡単に、「画像上は何ともないですね。」と言います。
何ともなくて、病院来るはずないんですけどね・・・。

来月、始めて理学療法士で衆議院議員になった先生の研修会に参加してくるので、そういった現状を打開する方法はないのか、訴えられたらなと思っています。

ちなみに海外は、普通に理学療法士のクリニックがあります。
そして、理学療法士とボディーワーカーが協力してクライアントの情報を共有し、サービスを提供しています。
理想ですね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc