ボディーワークの使命

日記
12 /04 2009
今日のNewsで驚いたのが、昨年始めてうつ病患者数が100万人を超えたという事。
凄い数・・・。
自殺者は3万2249人。
その内の最多は、うつ病の6490人。
第2位が身体の病気で5128人。
年代では50代が最多だが、前年比では9.7%減少し6363人。
逆に、30代、20代の若年層は増加し、それぞれ4850人、3438人・・・。

数字化すると、何とも実感がでませんが、この「1」が一人の人生です。
私達と同じ、一人の人生です。
その「1」には両親がいて、兄弟がいて、友人がいて、恋人がいて・・・。

辛すぎます!

ボディーワークをしている人で、人生が救われた人を私は何人も知っています。
だから、ヨガを広めたいとインストラクターコースに来ている人もいます。
ヨガは、ストレスに対し耐性を作ってくれます。
身体の柔軟性はこころを柔軟に。
身体の強さはこころの強さを。
身体のバランスはこころのバランスを作ってくれます。

ボディーワークは心身一如の調整法です。
こころの問題は、頭で考えているだけでは効果が出ない事もあります。
身体を動かした後に、さっきまで悩んでいた頭が嘘のようにスッキリしている経験は誰でもあると思います。
セロトニンという物質も分かって来ました。

世の中に対する役割も、充分あると思います。
統合医療学会でも、ヨーガ療法が入っていますし、今後より活躍が期待されます。
ボディーワーカーとしての役割を考えさせられます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc