腰痛に対する16のアプローチ

日記
02 /25 2010
医道の日本社から「臨床家のための 腰痛に対する16のアプローチ」という本が出ました。
僭越ながら、医療者でヨガのイントラという事で、一部分載っています。
よかったら、UTLにありますので、クラスの合間に見てみて下さい。
ちょっと写真いまいちなところもあって、恥ずかしいですけど・・・。
ナウリのところは、ランシャツを上げたもので、ブラではないですので・・・。

にしても、ピラティスでお世話になった武田先生。
PNFの勉強している時にお世話になった、安達先生。
講習会でお世話になった、田中先生。
そうそうたる先生達と、同じ本というのは、恥ずかしい限りであり、嬉しい限りです。

腰痛とヨガ?って感じですが、ぜひ体験してもらいたいですね。
今回は、バンダの話や、腸腰筋の重要性などは載せられませんでしたが、ヨガにはとっても沢山のヒントがあります。

他の先生も、本当に示唆に富んだ話が沢山載っています。
今度は、菊池先生や有田先生の話も載せて、ぜひ第2弾を期待します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

がんばってるねぇ
書き込みも増えて楽しみにしてるよ
何かこっち発信もできればいいけど...
本読んでみるねぇ

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc