足底板

日記
03 /21 2010
今日は入谷式足底板中級コース1日目。
入谷先生のがむしゃらと言うか、真直ぐな姿勢にはいつも原点回帰を生じさせられます。
感jさんを良くする事に貪欲な姿勢。
時間を忘れ、とにかく良くなる方法を考えつくす。

床にしゃがみ込んで、足底板の材料まみれになっての歩行分析。

僕達への指導は、
「ばっかだなぁ~!」
「言った通りになんでしないんだよ!」
どんどん野次が飛びますが、愛がある野次。

最近、怒られていないなぁと。
近所に、こういうおじさんいたよなぁ昔は、、、。
郷愁すらする講習会です。

怒ってくれる愛。
職人の世界をここでは感じます。
不器用な僕は、特に怒られています。

でも、ゆっくり納得する質ですので、納得したら見てろよぉ!と闘志がわきます。
こんな関係の講習会、素敵です。

時間オーバー2時間半は、凄いですが、、、。
講師が、一番大変なのは分かりますが、、、。
さぁ、明日も患者さんを治す為に頑張ります。
大切な人を治す為に。

先日グラインダーも購入しました。
臨床丸11年で遅いですが、本気で足底板をやりたいと思ったのです。
新人の頃から、折にふれ体験はしていましたが、ようやく疑いなく、可能性を実感として感じたのです。
やっぱり、足部を操作できなければ、多くの人が治せないと。

自分の身内も含めて、出来るだけ多くの人をまず足部から治していきたい。
そう考えています。
全身の運動も大切ですが、地面に立って生活している我々の、その土台である足部。
この重要性は相当なものです。

ゆっくり、自分の経験を増やして納得して身につけていきたいと思います。

会場は関東労災病院だったんですが、関東労災のリハビリを特集したいい本が出ていました。
早速購入。
参考までに:運動と医学の出版社
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

関東労災はOTの同期がいるとこだけど
足底板ねぇ... どこで学べるの???って感じです
情報量がなくて... 入谷先生のは結構先までキャンセル待ちなんでしょ??
ナナちゃんには足でも先に進まれてるなぁ
おれも去年たくさん怒られたよ 「10年早い...」etc
この年で怒られるってほんと結構新鮮だよね

PTにとってうれしいニュース
http://www.asahi.com/health/news/TKY201003190531.html
吸引が認められそうだ
そしてPTOT法まで...変わってくれるかな???

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中村尚人

医療とボディーワークの融合を試みていきます。
自分の身体の声に耳を傾け、対話をしましょう。

~資格~
Yogaインストラクター
Pilatesインストラクター
理学療法士
シュロス®セラピスト
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級

~所属~
日本理学療法士協会
日本人類学会

~雑誌~
「ヨガジャーナル」
「ヨギーニ」
「日経ヘルス」
「からだにいいこと」
「NEXT」
「秘伝」etc

~出版物~
「ヨガの生理学」
「ヨガの解剖学」etc